Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/richlifesub/www/miharu/wp-content/plugins/all-in-one-seo-pack/modules/aioseop_opengraph.php on line 843
乳酸菌サプリ専門店  |  若さの秘訣!老けない方法は美しい腸を育てること!

若さの秘訣!老けない方法は美しい腸を育てること!

>

自律神経と便秘の関係

いつまでも健康で若々しく、生き生きとした人生を送りたいと、男女問わず誰もが思っていることです。
健康ブームの今、そんな人生を叶えるために、さまざまな健康法が紹介されています。

  • 規則正しくバランスの取れた食生活
  • 適度な運動を心掛ける
  • 質のよい睡眠をとる
  • ストレスを溜め込まない etc…

どうでしょうか?
ストレス社会で生きている私たちのとって、このような生活を送るのは至難の業だと思います。

もちろん、生活習慣を見直すことが大切なことですが、健康なからだを維持し若さを保つために一番重要なことは、腸の健康を考えることです。

便秘は腸の健康を妨げる重大な病気

便秘

便秘とは、腸の機能が低下し便を排泄することが、うまくできなくなっている状態のことをいいます。
「便秘は病気ではない。」と認識されていますが、便秘は腸の健康を妨げるだけではなく、腸の健康を害することによって、さまざまな病気の原因となり、慢性便秘症は重大な病気なのです。

便が排泄されるとき、腸の蠕動運動によって腸の中にある内容物を移動させます。

腸の蠕動運動とは、腸の輸状筋と縦走筋という2つの筋肉が収縮を繰り返し、腸の内容物を移動させる運動のこと。腸の蠕動運動が低下すると便秘になりやすくなる。

腸の蠕動運動をコントロールしているのが自律神経です。

便秘と自律神経は深くかかわっている

正常は腸の働きには、自律神経が深くかかわっています。

自律神経とは、交感神経と副交感神経を合わせた神経のことで、からだの環境を整える神経のこと。

交感神経と副交感神経は、シーソーのように片方が上がると、片方が下がるというようにバランスをとり、ひとつの器官にたいして「正反対のはたらき」をすることで、からだの環境を整えています。

自律神経の働き

交感神経が高まると、人は興奮状態になります。主に、活動中は交感神経が働いています。

  • 活動しているとき
  • 緊張しているとき
  • ストレスを感じているとき

副交感神経が高まると、リラックス状態になります。主に、夜の睡眠中、入浴中などは副交感神経が働いています。

  • リラックスしているとき
  • 食事をしているとき
  • 眠っているとき
  • からだを回復しているとき

私たちの基本的な生命活動である、呼吸や消化・吸収などは、この副交感神経が司っています。

この2つの自律神経のバランスが安定することで、心もからだも健康な状態になるのですが、自律神経のバランスを整えるためのカギは「腸」なのです。

ストレス社会で生きている現代人は、多くの場合、交感神経が優位に働いてしまいます。
交感神経が優位になると、腸の働きが悪くなり、緊張したり、イライラし怒りっぽくなったりします。逆に副交感神経が優位になると、腸の働きがよくなり、精神も安定します。

自律神経のバランスを整え、腸内環境を整えることで、さまざまなトラブルを解決していくことになります。

自律神経のバランスが良い人は、腸の状態がよく、自律神経のバランスが悪い人は、腸の状態も悪い傾向にあると言われています。

便秘の症状は、この2つの自律神経のどちらが優位かによって、変わってきます。

  • 交感神経が優位な場合「腸が動かなくなるタイプの便秘」
  • 副交感神経が優位な場合「腸が収縮するタイプの便秘」

自律神経のバランスが崩れることが便秘の大きな原因となりまる。このように便秘と自律神経には切り離せない深い関係があるのです。

腸が健康になれば、その後の人生が大きく変化する

便秘解消

なぜ、腸が健康でなければならないのか?それは、私たちが口から入れた食べ物は、胃である程度消化された後、さらに腸で消化され栄養素や水分が吸収され、その残り(かす)が便となっていきます。

便秘などで腸内環境が悪い状態では、私たちが健康であるために一番大切な消化吸収の妨げとなります。
健康のために、栄養バランスを考えた食事を摂っていても、消化吸収が十分行われていたいのでは、意味が全くありません。

腸で吸収された栄養素は、血液によって肝臓へと運ばれていきますが、腸内環境が悪化していると、ドロドロ血液になります。すると血流が悪くなり、内臓をはじめ、全身の機能が低下してしまいます。

また、免疫細胞の約60%は腸に集まっているので、腸な単なる消化器官でなく、私たちの健康にとても重要な役割を担っているのです。

まとめ―腸の健康こそが若さの秘訣

腸を健康にする生活を心掛けることで、自律神経のバランスも安定し、健康なからだを手に入れることができます。
いくつになっても、若々しく、生き生きとしている人は、腸が健康だからです。今からすぐ、腸を健康にする生活を送りましょう。

 

miharuの乳酸菌通販