Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/richlifesub/www/miharu/wp-content/plugins/all-in-one-seo-pack/modules/aioseop_opengraph.php on line 843
乳酸菌サプリ専門店  |  あなた次第で腸内フローラは数日で生まれ変わる!

あなた次第で腸内フローラは数日で生まれ変わる!

>

腸内フローラ

私たちの腸の中には、3万種、1000兆個、重さにして約2kgの細菌がすんでいます。
腸の中にすむ細菌たちは「腸内フローラ」と呼ばれます。「フローラ」とは「花畑」を意味し、腸内フローラの世界は、野生の花畑によく似ており、腸内細菌は仲間たちと集団を築いて存在しています。

腸内細菌は、どんな種類がすみつき、どんな遺伝子を持っているかは、一人ひとり異なり唯一無二のものです。
自分だけの腸内フローラの組成は、生後わずか1年間のうちに、生涯にわたる腸内フローラの組成を決定付けられ、その後大きく変化することはありません。

わたしたちの健康は、腸内細菌によって守られている

わたしたちの健康に、腸が深く関わっていることはよく知られています。
ここ数年の研究では、人体が独立して行える生命活動は極めて少ないことが分かってきています。
わたしたちが食べた物を、消化吸収し排泄する、この働きを担うのは腸であることは誰もが知っていることです。

しかし、腸に入ってきた食物を、からだが吸収できるように最小粒子へ分解するのは、腸ではなく腸内細菌です。
わたしたちの消化の仕組みは、腸内細菌の存在があってこそ正常に機能することができるのです。

では、もう少し腸内細菌について知識を深めていきたいと思います。

腸内細菌の種類

腸内細菌は、作用によって下記のように3種類に分類されます。

善玉菌 (からだに良い働きをする菌)

善玉菌は、病原菌を排除し、食べ物を消化し、ビタミンを合成しています。
また、わたしたちの腸の中にいる免疫細胞を活性化する力をもっています。人に備わっている「感染からの防衛」「健康の維持を増進」「老化と病気の予防」などの免疫の働きの約60~70%を腸内細菌が担っています。つまり、わたしたちに備わっている免疫機能だけでは、十分な免疫力を発揮できず、免疫力を高めるためには、腸内細菌を増やすことが大切だということが、わかります。

悪玉菌 (からだに悪い働きをする菌)

悪玉菌は、腐敗物質を溜め込み、有毒物質を発生させる腸内細菌です。
有害物質を発生させることで善玉菌の働きを抑制したり、発がん性物質を生み出したり、免疫力を低下させ、からだに様々な不調を生じる原因になってしまいます。

日和見菌 (強いものになびく、どっちつかずの菌)

日和見菌は、善玉菌が優勢な腸内環境のときは無害なものが多く、ビタミンを生成したり病原菌の感染を防ぐなど善玉菌と同じような働きをしますが、悪玉菌が優勢な腸内環境では、腐敗物質を溜め込み、有毒物質を発生させ善玉菌の働きを抑制したり、発がん性物質を生み出したり、免疫力を低下させたりと悪玉菌と同じような働きをするという特性をもっています。

このように其々の腸内細菌の働きを見ると、善玉菌だけがわたしたちのからだに有用な菌であるかのように思われがちですが、この3つの腸内細菌は全てわたしたちのからだに大切な働きを担っています。
からだに良いとされる善玉菌だけでは、わたしたちの健康を維持することはできません。

腸内の善玉菌、悪玉菌、日和見菌の理想比率

腸内細菌の比率に関しては、一人ひとり異なっており個人差がありますが、一般的に理想とされている比率は、善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7が理想とされています。

善玉菌が優勢な腸内環境では、日和見菌が善玉菌と同じような働きをすることがわかっています。
まず、目標とするのは腸内の善玉菌を増やし、理想の腸内環境を保つことになるでしょう。

腸内細菌の働きは免疫と密接に関わっている

わたしたちの腸の中にいる免疫細胞を活性化させるためには、腸内細菌の存在が大切であることは既に説明しました。腸内細菌の働きは免疫と深く関わっています。

腸が原因と考えられる病気は、からだのあらゆる部位に影響を及ぼしていると考えられています。
腸内細菌のバランスが乱れ、腸内環境が悪化すると免疫機能は正常に働かなくなり、からだの不調の大きな原因になってしまいます。

健康も病気も腸からつくり出されていると言っても過言ではないかもしれまん。

腸内フローラは数日で変化する

hanabatake

 

腸内環境は、わたしたちの生活環境によって日々変動しています。腸内フローラは、生後1年で決定してしまいますが、腸内フローラーの状態は日々の生活次第で変化していきます。

食生活が乱れ、ストレスがかかるような生活をすることで、腸内環境は悪化していきます。そうすると腸内フローラは乱れ、悪玉菌が爆発的に増え、善玉菌は激減してしまいます。

逆に、食生活を見直し生活習慣を是正する努力をすることで、腸内フローラーは美しく整えられます。
但し、一度腸内フローラーが美しく整ったとしても、その後の生活次第で簡単に悪化してしまうので、日々の生活の積み重ねがいかに大切であるかがわかります。

 

まとめ―健康なからだは腸内細菌に状態によって左右される

健康なからだつくりのために、さまざまな健康情報が配信されていますが、本当に健康を考える生活を送るためには、腸内細菌の存在を無視して成り立つことはないでしょう。

今日のあなたが腸のために行ったことが、明日からのあなたの人生を変えていきます。
常に善玉菌優勢の腸内環境を維持するための工夫を、生活の中に取り入れていきましょう。

 

miharuの乳酸菌通販